遊記レビュー[藍采和成仙]

李鉄拐とか漢鐘離はまだストーリーになってましたけど、藍采和・何仙姑辺りは書いてること少なくて完全にキャラ紹介風な記述になっちゃいます。ウィキペディアと大部分が内容かぶるのは、ご了承ください…;

◆フリーダム藍采和の巻

 采和はもともと裸足の仙人が下界へ下り、人となったもの。身体は人間の格好のようだが、姓もはっきりとせず、毎日ぶらぶらと暮らしていた。いつも、破れた青色の着物に帯をつけ、腰には墨で汚れた板をぶら下げている。足をみると片方は穴のあいた靴を履いているが、もう片方が黒い素足を表している。

 裸足の仙人の生まれ変わりって、その仙人の名前を言ってしまうと赤脚大仙。詳しいこと分からない割に、名前は割と有名な仙人だったりします。その赤脚大仙が下丹した姿ってことだと思う、恐らく。でもどこからやって来たのか、素性が謎すぎる。
 夏になると厚着して、猛暑の中遊んだり、冬に服を脱いで単衣になり雪の中を遊びまわる……ってか全体的に遊んでるだけじゃねぇか!……そうゆうキャラです。
 芸人の真似事したり、長さ三尺余りの大きな拍子木でリズムを取りながら歌い踊って、老若男女を面白がらせます。狂ってるようで、狂ってない、歌は出まかせに思えて、実は深い意味があるようですが、理解できる人は誰もいなかったようです。それも全部で十二首あったり。これを載せようかと最初は思ってたけど量がパネーッス!。・゚・(ノД`)・゚・。

 城の堀端にある飲み屋で酒をチビチビと飲んでいる時、笙簫の音が天から聞こえ、急いで見に行こうと采和は白鶴に乗って飛び立ち、その時振り落した上着や靴の紐が、天からキラキラと降り注ぎました。人々が見上げてみたところ、それは美しい玉であったそうです。

同じ八仙関係では李鉄拐と会って、道を論じ合っています。後々、何仙姑とも合流したり。采和は神出鬼没で、現れたと思いきや、すぐにいなくなってしまいます。彼を一言でまとめると、つかみどころがない。

2011/11/30

  1. Home
  2. 東遊記About
  3. 東遊記レビュー目次
  4. 東遊記レビュー★藍采和成仙

ロゴ

天界のとある「禁」を犯してしまい、
下界に追放されてしまった一人の天才笛吹き。
水面下で起こる驚天動地の事変に巻き込まれながらも、
幼い兄妹をお供に連れて「人探し」の旅を続けていた。

この物語は仮想中華をテーマとしたファンタジーです。
「東遊記」のオマージュ要素を含みます。
史実との関連性は全くありません。
引用された実在の名前も、物語では設定が異なります。
実際の「東遊記(エリート出版社)」や八仙については、
「東遊記About」をご覧ください。

● 本編(朔月と笛吹き)
序章「うさ耳美少女誕生秘話」
一話「ハロゥワーク」本文32p
二話「天才天子穆王」本文33p
三話「嵐の前の静かな笛」本文35p
四話「舞萩の言祝」本文46p
五話「藍采和師父」本文32p
六話「豊邑の崖」本文37pnew
七話「地竺の国の美美」サンプル26pnew
八話「意に染まぬ婚姻」サンプル12pnew
● 蟠桃会編
  西王母のお誕生日会。本編より少し遡った話。
一、「開会式」(済)
二、「宰相会談」(済)
三、「母への手紙」(未)
四、「御前試合」(未)
五、「招かれざる客」(未)
六、「西王母の神具」(未)
● 成仙
  遥か遠い昔話。八仙人がそれぞれ仙人になった理由を
  西王母が語る。オムニバス小説。
一、李鉄拐
二、漢鐘離
三、呂洞賓
四、韓湘子
五、曹国舅
六、何仙姑
七、おまけ